ツール

タミヤ エポキシ接着剤 

先日リサイクルショップで、ダイキャスト素材のエアモデルを購入しましたが・・お約束の破損品・・破損というか部品が外れた部分を見ると製造時での接着剤不足でした。と、いうわけで再接着しました。自分はダイキャストパーツやエッチングパーツの接着には“...
ポピニカ

ポピニカ テントロー

仮面ライダーストロンガーに登場した悲劇の女性戦士“電波人間タックル”の愛車・・テントローのポピニカです。ヴィンテージ物のポピニカを見るたびに当時の玩具の作りの良さを再認識します・・。特にバイクの作りはリアルです(フィギュアは微妙ですが・・)...
F1プラモ

筆塗り(アクリル塗料)の強い味方 ペイントリターダー

なにかとお手軽な“タミヤアクリル塗料”ですが、筆塗りには“筆ムラ”のリスクが・・。でも、この“ペイントリターダー”を加える事により塗料の乾燥を遅らせて筆ムラが出にくくなります。一言で言えば“乾燥遅延剤”ですね。これがいいのですよ・・本当に。...
F1プラモ

アクリル塗料の筆洗いについて・・

プラモデルに筆塗りする際に自分は“圧倒的手軽さ”から主にタミヤカラー(アクリル塗料)を使用してます。何と言っても塗装後に水で筆を洗えるのがいいのです が・・主にメタリック系や濃色のカラーはやはり溶剤で洗ったほうがいいです(金属粒子が水では落...
ツール

古いポピニカのメンテに“無水エタノール”って最強

ヴィンテージ品のポピニカなどもコレクションしてますが、どうしても経年による汚れなどが付着しますよね・・。そんなときはドラッグストアなどで販売している“無水エタノール”が重宝するんですよ(あくまでも自己責任でのメンテナンスにはなりますが・・)...
F1プラモ

メッキパーツはデリケートですね・・

メッキパーツは塗装では表現出来ない金属感を出してくれますが、取り扱いには結構気を使ったりするんですよね・・。基本パチ組みの自分はゲート処理をして“ミラーフィニッシュ”を貼り”ほぼそのまま使用してますが、そのゲート処理をする部分以外の部分に余...
F1プラモ

デカールクオリティ高すぎではないでしょうか・・

超スローペースながら、ちまちまとタミヤの“ティレルP34、1977モナコGP”を作ってますが、最近のキット(そんなに新しいキットでもないのですが・・)のデカールのクオリティの高さにあらためて驚いてます。このキットのデカールは“カルトグラフ"...
ポピニカ

ポピニカ 仮面ライダーストロンガー カブトロー

仮面ライダーストロンガーの愛車・・赤い稲妻“カブトロー”。1975年発売のポピニカです。正直フィギュアはオーバースケールで微妙な出来ですが(これはこれで味があったりしますが・・)バイク本体の再現はなかなかではないでしょうか。約50年前の玩具...
ウルトラセブン

ウルトラアイ 1/1ディスプレイモデル

森次エンターテイメントから発売された“ウルトラアイ(リアルタイプ)です。以前、地元のイベントにて購入したアイテムです。監修は“森次晃嗣”さんなのでプロップレプリカ的位置づけの商品ですね。ウルトラアイは複数のタイプが存在しますが、今回紹介する...
ウルトラセブン

キャラウィール ウルトラセブン ポインター

キャラウィールはホットウィールで有名な“マテル”と“バンダイ”が提携して登場したキャラクターのマシンを立体化したシリーズで、特撮ヒーローからアニメのマシンまで幅広く商品化されました。紹介する“ポインター”はウルトラセブンに登場、ウルトラ警備...