水性トップコートについて

F1プラモ

自分はデカールを貼ったあとは、充分に乾燥させてから、デカール保護の観点から必ずクレオスの“トップコート”を吹きます。デカール保護のクリア吹きは、必須項目ではありませんが(デカールのひび割れ等のリスクもありますし・・)必ず3回吹きしています。トップコートは水性なので、乾燥時間はラッカーよりもかかります(室温なら3週間程度は乾燥させた方がいいと思います)。塗膜に関しては、強度の増した“プレミアムトップコート”もありますし、通常のトップコート(青い缶)も、2019の水性ホビーカラーリニューアルに合わせて硬めの樹脂に変更されてるとの事です。ツヤツヤになりますし、簡単フィニッシュの自分にはピッタリの必須アイテムなのです。

 




TAMIYA SHOP ONLINE

タイトルとURLをコピーしました